PR

 Googleはシリコンバレーで自動運転車の走行試験を集中的に展開し、製品化に向けて開発ペースを加速している。もちろん、自動運転技術に注目しているのはGoogleだけではない。シリコンバレーのベンチャー企業が、この市場に乗り出してきた。

出典: Cruise Automation
[画像のクリックで拡大表示]

オートパイロット機能を搭載

 Cruise Automationというベンチャー企業は、「Cruise RP-1」というオートパイロット・システムを公開した。上の写真は、アウディに搭載されたCruise RP-1で、屋根の上にセンサーが装着される。専用車両を買わなくても、自分の車にCruise RP-1を取り付けると、手軽に自動運転機能を使うことができる。

出典: Cruise Automation
[画像のクリックで拡大表示]

 ドライバーは運転中に、Cruiseボタン(上の写真、座席の隣に着装されている)を押して、オートパイロット・モードをオン・オフする。Cruise RP-1のオートパイロット機能とは、ハイウェー走行において、自動車がレーンの中を、前方の車と安全な車間距離を取って走行する機能である。ドライバーはハンドルから手を離し、アクセルから足を離すことができる。

 Cruise RP-1は完全自動運転機能ではなく、ドライバーは運転席に座り、前方を見ている必要がある。Cruise RP-1は、クルーズコントロールの強化版という位置付けで、GMが開発している「Super Cruise」に相当する製品となる。