PR

 さまざまな「モノ」や「場所」などを識別するための、128ビットで表現された国際標準の固有識別番号のこと。物品番号はあらゆるモノの一つひとつについて割り当てる。場所番号は、緯度/経度/高度で指定される地点だけでなく、住所や地番、郵便番号、駅、バス停、倉庫の棚、コピー機の場所など、あらゆる場所に誰でも振れる。

 ucodeは東京大学教授で工学博士の坂村健氏が所長を務める、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(YRP UNL)が開発した。ucode自体は単なる番号に過ぎないが、データベースと連携することで機器や場所の情報だけでなく、機器が備えるセンサーから収集したデータなどを、スマートフォンなどで表示できる。

 YRP UNLと日本マイクロソフトは2014年7月に、ucodeとマイクロソフトのクラウドサービス「Azure」を連携し、オープンデータや各デバイスが収集したデータの統合から、ビッグデータ分析など全ての情報を一元的に扱う技術基盤の構築で提携することを発表している。