PR

 政府は2015年、成立から12年ぶりに個人情報保護法を改正する。改正の狙いは、飛躍的に拡大した個人データを扱うビジネスをグローバルに展開できるように環境を整えること。

 これまでプライバシーに十分配慮せずに非難を浴びたりデータの扱いに慎重になりすぎて萎縮したりしていた企業にも具体的な活用の道筋が見えてきた。

 購買履歴や位置情報、顔認証データなど、情報の種類によって異なる留意点をひもときつつ、法改正で広がるデータ活用の可能性を明らかにする。

目次