2013年12月05日
セキュリティ事件簿

Facebook、Google、Yahoo!

米国の著名SNSが不正アクセスで約200万件の重要情報を漏えい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:情報通信
事象:不正アクセス、情報漏えい
発生時期:不明 (2013年12月3日発表)

被害内容:米国のセキュリティ会社が、「Facebook」をはじめとするSNSのアカウントが不正アクセスを受け、約200万件の重要情報が盗まれたことを確認したと発表。盗まれたデータには、158万件のログイン情報、32万件の電子メールアカウント情報、4万1000件のFTPアカウント情報などが含まれる。データの流出元となったドメインはFacebookのほか「Google」「Yahoo!」「Twitter」「LinkedIn」など。

関連記事Facebookのログイン情報など200万件が流出、米セキュリティ会社が確認(ITpro、2013/12/05)