2014年02月28日
セキュリティ事件簿

フィンランド Rovio Entertainmentなど

Macの人気アプリに偽物、ビットコインのログイン情報が盗難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:情報通信
事象:情報漏えい、その他
発生時期:不明 (2014年2月25日発表)

被害内容:Mac OS Xで稼働するアプリケーションの中に、仮想通貨「ビットコイン」の詐取を目的とした偽物のアプリが見つかった。偽物が見つかったのは、ゲーム「Angry Birds」(フィンランド Rovio Entertainment)、エディター「BBEdit」(米Bare Bones Software)、電子書籍管理ソフト「Delicious Library」(米Delicious Monster Software)、画像処理ソフト「Pixelmator」(リトアニア Pixelmator Team)という人気の高いアプリ。いずれの偽物も、ビットコインに関係するサイトのログイン情報を盗むという。

関連記事人気アプリ「Angry Birds」のニセモノ現る、狙いはビットコインの詐取(ITpro、2014/02/27)