2014年06月04日
セキュリティ事件簿

シーディーネットワークス・ジャパン

CDN事業者のサーバーが改ざん、サービス利用企業に悪影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:情報通信
事象:改ざん
発生時期:不明 (2014年6月3日発表)

被害内容:コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)用のサーバーが改ざんされた。原因は、オプションとして提供しているコンテンツのアップロードサービスを悪用されたこと。これによって、同社のサービスを利用していたエイチ・アイ・エス(HIS)やバッファロー、GMOペパボのWebサイトが悪影響を受けた。ほかにも、影響を受けたサイトが存在する可能性がある。

関連記事HISやバッファローのウイルス感染は、CDNetworksの改ざん被害が関与(ITpro、2014/06/03)
関連記事CDNetworksの改ざん、エッジサーバーからのアップロード機能を悪用か(ITpro、2014/06/04)
関連記事CDNetworksのウイルス被害、認証サーバーを介さずに直接改ざん(ITpro、2014/06/19)