PR

■Vista普及のキラーアプリケーションは登場するのでしょうか。

 私は、(共同作業のための)Grooveが面白いと興味を持っています。Grooveはグループの議論や思考を整理するソフトウエアです。家族で旅行を計画するときに、相談したり、スケジュール調整したりできるツールがあると楽しいと思います。

 ただ、視点を変えればGrooveでなくてもいいのです。家庭用のサーバーとなるWindows Home Serverでも可能です。この製品は9月末から、英語版での販売を開始します。これを使うと、家族全員で情報を共有できます。場所やデバイスを問わずに利用でき、緊急時の連絡用にも使えるでしょう。

 これからデジタルライフがさらに進歩していくのは間違いありません。特に進化を遂げるのはネットのサービスで、ガジェットは大きなチャンスを秘めていると期待しています。技術が発展していく中で、将来のデジタルライフスタイルはどう変わっていくのか、多様な製品をどう組み合わせていくのか、こうした将来像を説明するのがマイクロソフトの役目だと感じています。