初音ミクの誕生は僕にとって必然だった

カーソルキー(←/→)でも操作できます