PR
写真 ボストン・レッドソックスのIT担当 ブロードベント氏
写真 ボストン・レッドソックスのIT担当 ブロードベント氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2007年の大リーグ・ワールド・シリーズを制したボストン・レッドソックス。松坂大輔投手や岡島秀樹投手など日本人選手の活躍もさることながら、ITの活用がカギを握っている。3月25日から2日間開催した「'08リコーMLB開幕戦」の初戦ではオークランド・アスレチックスとの延長10回の接戦を6対5で競り勝っている。選手の成績だけでなく健康状態や代理人の情報までを網羅するデータ活用について、来日したレッドソックスのIT担当、ビル・ブロードベント氏に聞いた。

 ボストン・レッドソックスにとってITとは。

 どこの球団でもそうだが、戦況に応じたリアルタイムな戦略を立てる上でITは極めて重要な役割を担っており、欠かせない存在となっている。

 一例を挙げよう。選手やスタッフは、毎ゲームの前に多くの仕事をこなしている。レッドソックスや対戦相手の選手の成績やゲームのデータを統計処理したり、録画済みの各打席のビデオを見たりしている。これらは選手やコーチがトレーニングで使うほか、試合中など様々な局面での判断に活用している。相手投手の傾向から次の配球を予測したりもする。映像と分析データを関連させて管理しており、必要なデータを呼び出せる。こうしたシステムを球場内に設営している。

 それだけのシステムを移動させるのは大変な作業では。

 そうだ。米国中の球場を移動する際、システムを構成するコンピュータやストレージを数個のトランクにパッキングして運んでいる。ホームでも敵地のロードでもまったく同じシステムを設営するのが目的だ。もちろん、今回も日本に飛行機で持ってきた。

 詳しくは言えないが、打席に立つバッターなどを撮影したビデオのデータを過去を含めて蓄積しており、かなり大きなテラ・バイト級のストレージを保有している(注1)。製品としては、EMCのものだ。同社はチームのスポンサーであるが、過酷な状況下でも安定性が高く拡張性がある点などを評価している。

(注1)本誌の推定で数十テラ・バイト以上、百テラ・バイト程度とみられる。

 選手やコーチなどから信頼される“IT部門”になるために心がけていることは。

 まず大切なのは、それぞれ与えられた分野のプロであること。ITマネジャー、ビデオ、ネットワーク、電話、システム管理などそれぞれの役割が決まっている。IT部員は去年まではCIO(最高情報責任者)を含めて4人。今年は5人だ。新たにプログラマーが加わった。私はボストンのマイノリティ・チームのバット・ボーイから始め、コーチのデータ管理、ビデオやストレージの扱いを学んでいった。