PR
仏ILOGのアーワン・パッカード・ビジュアリゼーション・プロダクト・ライン・プロダクト・マネジャ
仏ILOGのアーワン・パッカード・ビジュアリゼーション・プロダクト・ライン・プロダクト・マネジャ
[画像のクリックで拡大表示]
 仏ILOGのアーワン・パッカード(Erwan Paccard)ビジュアリゼーション・プロダクト・ライン・プロダクト・マネジャが来日し,日経ソフトウエアの取材に応じた。2月に発表,3月に発売したコンポーネント製品「ILOG Elixir 1.0」は米Adobe Systemsと仏ILOGの両社にとって重要な製品だと強調。リッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)でグラフィックスを提供することが,企業システムにとって重要だと述べた。

――仏ILOGはどんな会社か。
 1987年設立のソフトウエア会社で,現在は世界で900人が働いている。1997年には日本法人のアイログを設立し,日本で24人が働いている。可視化(ビジュアリゼーション),BRMS(Business Rule Management System),ODMS(Optimization Decision Management System)の製品が柱となっている。日本では,通信事業者,製造業,金融機関,防衛省などが利用している。

――Elixirはどういう製品か。
 ElixirはAdobeの開発ツール「Adobe Flex 3」用のコンポーネント製品だ。3Dチャート,ゲージとダイアル,地図,ガント・チャート,組織図,レーダー・チャート,ツリーマップといった,情報を可視化する部品が入っている。Flexで作成したアプリケーションはAdobeのRIAプラットフォームである「Adobe AIR」やWebブラウザのプラグイン「Adobe Flash Player」で動かせる。Windows,Linux,Macintoshで動作し,英語と日本語に対応している。他言語は顧客の要望があれば対応可能である。

 ElixirはAdobeがパッケージ製品として販売する。日本での価格は9万6000円(税別,税込みで10万800円)だ。この価格は1開発者ライセンスで,開発者はコンポーネントをエンドユーザーに配布できる。ただ,ISV(Independent Software Developer)がソフトウエア製品に組み込んで販売する場合は,年間固定の料金を支払ってもらうことになる。

――ILOGの製品としてはずいぶん安い。
 当社の製品としてはこれまでにない低価格だ。Elixirは当社にとって,マス・マーケットを狙った初の製品である。Adobeが,他社の製品を販売するのも初めてのことだ。ILOGとAdobeの関係は,両社にとってとても重要なものだ。

――Elixirはどんなことに使えるのか。
 メインの用途と考えているのは「ビジネス・ダッシュボード」だ。ビジネスの情報を視覚で認識できる。現在のビジネスにはとても多くの情報が詰まっている。それを処理する方法は二つある。数学的,分析的な手法がその一つ,もう一つがビジュアルな手法だ。企業経営者は,従業員の生産性を向上させるのに,グラフィックスが必要だと考えるようになってきている。例えば,ある金融機関では,情報を判断してアクションを起こすのに,以前は7分かかった。そこに,ビジュアルな分析手法を導入したら,30秒でアクションが起こせるようになった。情報の可視化は,どんどん重要になってきている。

 Elixirではユーザーの操作に応じて,適切なエフェクト(視覚効果)やアニメーションを使っている。アニメーションはとても大切だ。ユーザーにコンテクスト(文脈)を感じ取ってもらえるからだ。

――FlexはFlashのWebアプリケーションから,AIRによってデスクトップ・アプリケーションへ進出しようとしている。この試みはうまくいくと思うか。
 うまくいくと思うからElixirに投資している。歴史を振り返ると,Webアプリケーションの前にはデスクトップ・アプリケーション,クライアント/サーバー・アプリケーションがあった。その問題は配布(デプロイメント)が大変だったこと。IT部門にとっては悪夢だった。Webアプリケーションによって配布の問題は解決したが,アプリケーションの機能が限定的なものになってしまったとは言える。それを解決しようという試みの一つがAjax(Asynchronous JavaScript+XML)で,これは大きな助けになった。ただ,グラフィックスの機能が十分ではない。その先へ進もうというのがAdobeのAIRや,米MicrosoftのSilverlightだ。Ajax,AIR,Silverlightにはそれぞれ良いところがあり,今後しばらくは,三つが共存する形になるのではないかと個人的には思っている。