PR

 IPv4アドレスは,2011年にも枯渇すると言われている。こうした状況に対応しようとする動きが本格化してきた。国内では,2008年9月5日に国内のインターネット関連団体による「IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース」(関連記事)が発足。タスクフォースの設立経緯や役割などを,同タスクフォース代表代理の荒野 高志氏に聞いた。

(聞き手は,半沢 智=日経NETWORK


2008年9月に,国内のインターネット関連13団体からなる「IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース」(以下,タスクフォース)が発足しました。発足の背景を教えて下さい。

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース代表代理の荒野 高志氏
IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース代表代理の荒野 高志氏

 IPv4アドレスの消費動向をずっとウォッチしていて,IPv4アドレスの枯渇がいよいよ近づいてきたと感じていました。そして,「そろそろ本格的に枯渇対策に取り組まないと大変なことになる」と感じ,5年ほど前から広報活動に力を入れてきました。私は,国内のIPアドレスを管理するJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)の理事も務めていますので,総務省の調査研究会などで枯渇対策の重要性を訴えてきました。

 さまざまな場で議論をした結果,IPv4アドレスの枯渇は,プロバイダや通信事業者といったいわゆる“ネットワーク屋”だけの問題でないということがわかってきました。割り当て可能なIPv4アドレスが無くなると,データ・センター,Webアプリケーション・ベンダー,インテグレータ,家電ベンダー,企業のIT部門,一般消費者など,きわめて広範囲に影響が出てきます。つまりこの問題は,インターネットにかかわるIT業界全体で取り組む必要があるわけです。

 そうなると,インターネットにかかわるすべての業界をまとめて,IPv4アドレス枯渇対策を推進する組織が必要になってきます。これが,タスクフォース発足のきかっけです。タスクフォースでは,各業界内で枯渇対策を共有できるようにすると同時に,業界間においては調整役の役割を果たします。また,各業界に「いつくらいまで対応しないと影響が大きそう」ということを進言する進捗管理の役割も担います。実務は,タスクフォース参加団体の一つであるIPv6普及・高度化推進協議会が中心的な役割を担うことになるでしょう。

IPv4アドレスの枯渇対策としては,どのような対策が考えられるのでしょうか。

2008年9月に開催された「IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース」発足式の様子
2008年9月に開催された「IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース」発足式の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的な対策としては,(1)キャリア・グレードNAT,(2)IPv4アドレスの売買,(3)IPv6の導入――の三つがあると思っています。

 プロバイダ内でのアドレス変換技術である「キャリア・グレードNAT」(関連記事)は,そのうち使われるようになるでしょう。ただ,閲覧できないWebサイトがあったり,利用できないWebアプリケーションがあるという問題も指摘されています。そのためキャリア・グレードNATは,使われ続ける技術ではなくIPv4アドレス枯渇前後の“つなぎ”の技術と考えています。

 企業などで余っているIPv4アドレスを,IPv4アドレスを必要としている別の企業に売り渡す「IPv4アドレスの売買」は,現在は認められていません。ただ現在,アドレス枯渇を見据えた解禁議論が進んいるところで,最終的にコンセンサスが得られる可能性が大きいと考えています。しかし,この対策に期待を寄せるのは危険だと思っています。もちろん売買によって救われる人も出てくるでしょう。でも,必要な人全員に平等にIPv4アドレスが行き渡るわけではないし,値段がどうなるのかもわかりません。リスク管理という観点からすると,期待するのは危険です。

 以上のことを考えると,IPv4アドレス枯渇に対する根本的な解決策は「IPv6の導入」しかないと思っています。そのためタスクフォースでも,IPv6への移行を呼びかけていくことになると思います。とはいえ,タスクフォースが進めるのは,「IPv6の導入一本」というわけではなく,あくまでもIPv4アドレスの枯渇対策となりえるすべての技術や運用方法です。キャリアグレードNATやIPv4アドレスの売買も否定することはしません。