PR


 Linuxの創始者でリナックス・ファウンデーションのフェローであるリーナス・トーバルズ氏が8年ぶりに来日した。 WebサイトのITproを通じて読者から質問を集める“オープンアプローチ”を試みた。日経BP社のIT関連メディアである日経コンピュータ,日経SYSTEMS,日経Linuxにそれぞれが関心のあるリーナス氏とのやりとりを掲載。雑誌に掲載しきれなかった部分もあわせて,インタビューの全文を一週間にわたりITproに掲載する。

目次

リーナス・トーバルズ氏×まつもとゆきひろ氏 動画メッセージ

  • 「プログラミングは楽しい創造」
  • リーナス・トーバルズ氏来日 関連記事

  • Linusが日本にやってくる
  • 「Linus Torvalds氏に聞いてみたいこと」を教えてください
  • カーネル開発者会議「Kernel Summit」が日本初上陸
     IO帯域制御方法で合意,GoogleはLinuxの使い方を披露
  • 「1000兆から0まで,Linuxをめぐる数字が示すもの」
     ---第1回Japan Linux Symposium
  • オープンソース的モデルは普遍的なもの,とLinus Torvalds氏は語った


  • リナックス・ファウンデーション フェロー
    Linus Torvalds(リーナス・トーバルズ)氏
    1969年12月生まれ。ヘルシンキ大学コンピュータサイエンス学部の大学院生だった1991年秋、UNIX互換OS「Linux(リナックス)」の開発を始める。ソースコードをインターネットで配布し、共同開発するボランティアチームを組織、1994年春にLinux V1.0を世に送った。米トランスメタに勤務しながらLinuxカーネルの開発や保守を手掛けてきたが、2003年から、Linuxの普及を目的とする NPO(非営利団体、現The Linux Foundation)に移籍して開発を続けている。