PR

 米Adobe Systemsは2011年11月、モバイル(AndroidおよびBlackBerry)向けFlash Playerについてバージョン11.1を最後に今後バグフィックスのみとし、HTML5にフォーカスするという発表を行った(関連記事)。この決断に至った理由は何か。開発者は今後どのようにモバイルコンテンツ開発に取り組むべきか。Flashのプリンシパル プロダクト マネージャー Mike Chambers氏に聞いた。

(聞き手は高橋信頼=ITpro


モバイル向けFlashの開発を中止するという発表に至った経緯は。

>Mike Chambers氏
Mike Chambers氏

 まず整理させていただきたいのですが、モバイル向けのAIR、およびデスクトップ向けFlash Playerの開発は今後も継続します。デスクトップ向けFlash Playerは今後、ゲームや高品位ビデオに注力します。

 今回の決定に至った背景ですが、Flashが目指していたユビキタスな(どこでも)コンテンツ環境が、モバイルでは実現困難ということが主な理由です。現在iOSでサポートされておらず、当面改善は望めません。

 一方、スマートフォンにおけるブラウザの多くがWebKitエンジンをベースにしており、モバイルではHTML5によりユビキタスな環境を実現できると考えています。Flashのバージョンアップを終了することで、その開発リソースをHTML5に振り向けることができます。

開発者は現在のモバイル向けFalshコンテンツ資産をどのように移行すればよいでしょうか。

 モバイル向けFlash Playerは機能拡張が終了するだけであり、今後も使い続けることができます。またモバイル向けAIRも利用できます。

 我々は、FlashコンテンツをHTML5に変換する技術開発も進めています。まだ研究段階ですが、Adobe LabsのWallabyは、FlashコンテンツをHTMLとしてエクスポートする技術です。

 Flash CSの次のバージョンでは、FlashのアニメーションをHTML5のCanvasで再生できるようにする機能が加わります。

HTML5は、Flashに比べてブラウザごとの違いが大きいという問題があります。この問題をどう解決すべきでしょうか。

 確かにHTML5にはそういった問題もあります。しかしHTML5には、中身がブラックボックス化されておらず、オープンであるという特徴があります。Flashを使うのか、HTML5を使うのかは、プロジェクトごとに見極める必要があるでしょう。

現在スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスの出荷はデスクトップを上まわっています。その中でモバイル向けFlash Playerの開発が終了したことで、デスクトップ向けFlashの将来について不安を持つ開発者もいます。

 そういう意味では、我々が発表した11月以前と状況に変化はありません。もともとiOSでサポートされていなかったわけですから。デスクトップ向けFlash Playerは、ゲームや高品位ビデオに向けた開発を行なっていきます。

ブラウザの外でアプリケーションを実行するAIRの位置付けに変化はあるのでしょうか。

 いいえ、AIRの位置付けに変更はありません。

発表に対する反応はどうでしたか。

 最初の反応はサプライズ、そしてフラストレーションでした。我々ももっとうまく伝える方法があったと考え、ブログで説明するなど努力しました。現在では理解してもらえるようになってきていると思います。

日本の開発者に伝えたいことは。

 日本に来たのは、日本の開発者と会い、日本の開発者コミュニティに今回の決定について説明し、それに対する声を聞くためです。

 最もクリエイティブなFlashコンテンツは、日本のコミュニティから生まれているものが多くあります。現在様々な混乱が生じていますが、もしFlashが好きでFlashを使いたいと考えているのであれば、ぜひそうしてください。Flashがなくなることはありません。今以上に表現力のある環境にできるよう努力していきます。

 またHTML5には非常に大きな可能性があり、ブラウザの成熟とともにその需要は高まってきます。Flashの開発者は、そうしたリッチな体験をHTML5で作るリーダーとなりうる位置にいます。そのことをぜひお伝えしたいと思います。