PR

 オープンソースのERP(統合業務管理システム)「ADempiere」(アデンピエール)を開発しているオープンソースコミュニティ「ADempiere ERP プロジェクト」のRedhuan D.Oon氏、Caroline Zajac氏が来日した。両氏とADempiere.jpの久保田大輔氏にADempiereの現在の状況を聞いた。

(聞き手は高橋 信頼=ITpro


写真●左からADempiere.jp 久保田大輔氏、ADempiere ERP プロジェクト Redhuan D.Oon氏、Caroline Zajac氏
写真●左からADempiere.jp 久保田大輔氏、ADempiere ERP プロジェクト Redhuan D.Oon氏、Caroline Zajac氏
[画像のクリックで拡大表示]

ADempiereは、オープンソースERPのCompiereから分岐して生まれました。

Oon氏:Compiereを開発しているCompiere社に2006年、ベンチャーキャピタルが出資し、それ以来運営方針が変わりました。ラインセンスも変わってコミュニティの意見を聞かなくなりました。そこで2006年、Compiereユーザーコミュニティで議論し、ADempiereプロジェクトとして分岐し独自に改良していくことにしました。

 Compiereコミュニティの主要なメンバーの多くがADempiereに移りました。正確には把握していませんが、少なくとも5000以上のエンドユーザーがいます。ドイツ、フランス、アメリカ、マレーシア、日本などさまざまな国にコミュニティが生まれています。私はマレーシア在住ですが、世界中の参加者がメールやSkypeなどで議論しながらADempiereを育てています。

Zajac氏:我々は、自由なバザールモデルを守りたいと思っています。ADempiereはコミュニティが作るオープンソースERPです。

日本の状況は。

久保氏:日本では、ADempiere.jp日本ADempiereの会というコミュニティがあります。ADempiere.jpは勉強会などを開催しており、日本ADempiereの会はよりビジネス利用を指向して活動しています。

Oon氏:ADempiereは、業務で利用するだけでなく、ソースコードが公開され、ダウンロードすれば無料で使用できることから教育に非常に有効であると考えています。今回の来日にあたっても、明星大学で開催されたオープンソースカンファレンス2012 Tokyo/Fallでセミナーを行いました。9月15日と16日には早稲田大学でセミナーを開催します。ERPに興味を持つ学生や教育者の方、企業の方、誰でも参加できます。ぜひADempiereに触れてみてほしいと思っています。

■変更履歴
タイトルで「ERM」としていましたが「ERP」です。またサブタイトルと第1段落で「Redhuan S.Oon氏」としていましたが、「Redhuan D.Oon氏」です。お詫びして訂正します。タイトルと本文は修正済みです。 [2012/09/13 11:50]