PR

 フォレンジック(証拠保全)ツール「EnCase」で知られる米ガイダンス・ソフトウェアは、EnCaseで培った技術を生かし、情報セキュリティ分野にも進出している。狙うのは、エンドポイントのセキュリティ市場。パソコンなどのエンドポイントを守るための同社ソリューション「EnCase Cybersecurity」が米国で好調だという。

 同分野は日本でも有望だとして、国内企業への普及に力を入れ始めた。エンドポイントのセキュリティの重要性などについて、来日中の同社社長兼CEOのビクター・リモンジェリ氏に話を聞いた。

(聞き手は勝村 幸博=日経コンピュータ

エンドポイントを守ることの重要性について教えてほしい。