PR

 その一方で、日本のITベンダーが明らかに劣っている点が三つある。一つは、優秀なPM(プロジェクトマネージャー)の不足だ。日本のPMのレベルは、米国と比べると圧倒的に低い。あえて厳しいことを言えば、日本では優秀なPMでも、プロぞろいの米国からみれば「中学生の四番打者」くらいの扱いだろう。

 世界では、プロジェクト単体のマネジメントを超え、複数プロジェクトの体制をビジネスの優先順位に沿って柔軟に組み替えるポートフォリオマネジメントのような、新しいプロジェクトマネジメントの研究が進んでいる。日本は、こうした世界の潮流から取り残されている。

 もう一つはビジネスアナリストの不足だ。米国ではビジネスアナリストが一つの職種として確立し、ITとビジネスの橋渡しを担っている。日本には、こうした職種そのものが普及していない。

 最後は、システム全体を設計できるアーキテクトの不足だ。複数のクラウドサービスやルールエンジンを組み合わせ、費用対効果の高いシステムを設計するスキルが求められている。体力勝負のSIより、「なるべくコーディングしない」システム設計の方が付加価値は高い。

日本でもITスキル標準の策定といった努力が行われているが、現場からは「そうしたスキルを学ぶ時間がない」などの声が漏れている。

 このまま体力勝負のSIを続けていては、IT技術者がこうしたスキルを習得しようと思っても、残念ながら忙しくて時間が取れない。体力勝負のSIでは、職場のエースが最も忙しくなってしまうからだ。

 少しでも改善の道があるとすれば、オンラインでの教育や研修を充実させることだろう。すでに米国ではIIBA(International Institute of Business Analysis)が、オンラインのチーム学習形式で、ビジネスアナリシスの基礎を学べる1~2年のプログラムを用意している。カメラ付きパソコンがあればだれでも参加できる。

 今後はJISAでも、eラーニングコンテンツの整備など、技術者のスキル向上を助ける枠組み作りを検討したい。