PR

米アドビシステムズは2014年6月19日、クリエイター向けクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」について、およそ1年ぶりの大規模アップデートを発表した。14のデスクトップアプリをバージョンアップしたほか三つのモバイルアプリを新たに投入、エンタープライズ向けの新サービスも始めた。エンタープライズ向けCreative Cloudのプロダクト責任者であるスコット・キャッスル氏とマーケティング戦略などを担当するテリー・レイガン・フォーテスキュー氏に話を聞いた。(聞き手は岡部 一詩=日経コンピュータ)


米アドビシステムズのスコット・キャッスル プロダクトマネジメント担当ディレクター
米アドビシステムズのスコット・キャッスル プロダクトマネジメント担当ディレクター
[画像のクリックで拡大表示]
米アドビシステムズのテリー・レイガン・フォーテスキュー Creative Cloud エンタープライズGTM担当ディレクター
米アドビシステムズのテリー・レイガン・フォーテスキュー Creative Cloud エンタープライズGTM担当ディレクター
[画像のクリックで拡大表示]

アップデートの内容は。

フォーテスキュー氏:「Adobe Creative Cloud」の2014年のアップデートには、新しいモバイルアプリケーションや既存サービスのさらなる充実、写真家や教育機関、エンタープライズ向けの新サービスが含まれる。

キャッスル氏:今回、当社として初めてハードウエアデバイスも発表した。「Adobe Ink」と「Adobe Slide」の二つだ。

 クリエイター向けのデスクトップアプリケーションは14あり、それぞれにメジャーアップデートしている。例えば「Photoshop」の「スマートオブジェクト」については、生成ファイルのポーティング機能をリッチにしている。「Illustrator」では、ライブトレース機能などを改善した。デジタル画像処理アプリケーションである「Lightroom」は、カメラ部分のサポートを充実させている。

 全てのデスクトップアプリケーションで、パフォーマンスや表現力を強化した。

 そのほか、新しいモバイルアプリケーションもリリースした。今回、当社として初めて製品化したハードウエアである「Adobe Ink」というデジタルペンと「Adobe Slide」というデジタル定規をサポートしている。