PR

 明治電機工業は8月,情報系サーバーの運用管理を日本ビジネスコンピューター(JBCC)にアウトソーシングした。東海地震への対策に加え,運用負担の軽減が狙い。背景には,年々増加する社内イントラネットのデータ管理がますます難しくなってきたことがある。

 社内の情報システム部門は,経営戦略を支援するシステム設計やアプリケーション開発に専念する。システム稼働後は,震度7に耐えられる免震構造を持つデータセンター内で,JBCCが24時間365日体制でサーバー監視/管理/運用を担当する。バージョンアップやパッチ適用,障害対応などもJBCCが行う。