PR

 医療法人社団ゆうあい会 ゆうあいクリニックは,院外から検査データを処理できる画像配信システムを構築した。ゆうあいクリニックはPET(陽電子放射断層撮影)装置などを使った画像診断に特化した検査専門機関。提携医療機関の医師がサーバーに保管している検査データへリモートからアクセスする。

 院外からの画像データの取り扱いについては大容量画像データの処理と安全性の2つの問題があった。医療画像のデータ・フォーマットにはDICOMという規格が使われる。画像データ1枚に通信情報,患者情報,検査情報などの管理データも含まれ,1人分の検査データが数百Mバイトになる。また検査データは秘匿性が高い。

 システムには「Citrix Presentation Server」を利用し,画面イメージのみをクライアントに送信することで,これら2つの問題を解決した。医師は,提携医療機関からのほか,海外出張時でもインターネット経由で画像データを参照できる。緊急時に院外から携帯電話で接続しても画像データを参照できる。