PR

 インターネットによるオンライン外国為替取引サービスなどを提供する外為どっとコムは,フィッシング対策用のWebサイト認証ソフトを導入した。3月13日から稼働している。個人投資家向けの「ネクスト総合口座」サービスの取引画面にログインするときなどに使え,本物のサイトであることがブラウザのツールバー上に分かりやすいシグナルで示される。

 フィッシング対策用のWebサイト認証ソフトには,セキュアブレインの「PhishWall」を利用した。同製品では,利用者があらかじめブラウザに専用プラグインを組み込んでおく。プラグインがWebサイト内のサイト認証ソフトと通信して,正しいサイトであると,「緑」のシグナルを表示するようになっている。

 フィッシングは,本物に似せたWebサイトやメールを使って,オンライン・バンキングなどの利用者からユーザーIDやパスワードなどの個人情報を盗み取る犯罪。手口が巧妙になっているため,対策が急務になっている。