PR

 ファッションのショッピング・サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは,2004年12月のオープン直後から予想以上のアクセスで性能劣化に悩んでいたため,2005年4月から5カ月かけてサイトを再構築した。負荷分散装置の導入やサーバー機器のグレードアップ,二重化などを実施。再構築前は20万会員・300万ページビューでWebサーバーのCPU利用率は100%近くだったが,2005年10月時点で半分以下に改善した。通常時は30~40%で推移している。システム監視の負荷とコストを軽減するため,Windows向け運用管理ソフト「Microsoft Operations Manager 2005」を導入した。