PR

 菓子を製造・販売するたねやクラブハリエグループは,社員の教育や評価のために利用するイントラネット・システムを開発した。約700人の社員が利用する。

 「お辞儀の仕方」をはじめとする各種の社員教育用コンテンツや評価対象者の目標達成度などのデータを,ビデオやグラフを使って視覚的に表現できるよう,Flashを使ったリッチ・クライアントを選んだ。同様のシステムをBiz/BrowserやCurlを使って開発することも検討したが,ユーザー数に応じたライセンス料がかかるため採用しなかった。社員は,社内からだけでなく,百貨店などに出店した店舗や自宅からこのシステムをインターネット経由で利用できる。システムはアルゴブレインが開発した。

 システム構築コストを抑えるため,Linuxなどのオープンソース・ソフトを利用することを検討したが,現場の運用担当者がWindowsの操作に慣れていることからWindows Server 2003(IIS)やSQL Server 2000を利用した。