PR

 建設関連のコンサルティング会社オリエンタルコンサルタンツは,災害に備えて東京-大阪間でリアルタイムの遠隔バックアップ・システムを構築した。東京サイトで2重化しているメール・サーバーやDBサーバーの更新データを,リアルタイムで大阪サイトに転送する。全国13拠点のデータは,iSCSIを使って一度東京サイトに集約してから大阪サイトに転送する。通信回線には100Mビット/秒のインターネットVPNを採用。ストレージ装置は,東京サイト/大阪サイトともにNECソフトが販売する「MelodiousStor」を利用する。