PR

 「自動車リサイクル法」の本格施行に合わせ,自動車リサイクルシステムを本格稼働,リサイクル料金の預託関連機能などをリリースした。1月1日から4日までに,3万件を超える預託を受け付けた。自動車は車体番号と登録番号で管理。自動車メーカーや解体業者などが,そのステータス(出荷,引き取り,リサイクル状況など)を,インターネットを介して共有する。「資金管理」や「再資源化支援」など7つのサブシステムから成る。DBサーバーはRAC構成のOracleを採用。オンライン処理はJava,バッチ処理はCOBOLと使い分けた。