PR

 九州エリアを基盤とする独立系信販会社である同社は,メインフレーム上のクレジット基幹システムを日本ユニシスのWindowsサーバー「ES7000」上へオープン化する。この次期システムは,ゆめカード(広島市)が開発したクレジット基幹系システム「YCS」をベースに,九州日本信販がカスタマイズ開発を実施。ダウンサイジングによるコスト減を狙う。パッケージのカスタマイズ時には,加盟店や会員サービス向け機能の強化を図る。