PR

 住友林業のグループ会社が共通して利用する会計システム基盤を構築する。前システムはメインフレームを中心とした会計システムだったが,オープン系の統合業務パッケージ・ソフト「PeopleSoft Enterpriseファイナンシャル マネジメント」へ移行した。各事業部門のシステムごとに定義されていた会計コードや取引先コードを1つのコード体系に統一し,会計処理時間の短縮や取引先ごとの債権/債務残高の把握を実現した。まずは住友林業のグループ会社のうち国内30社を対象に導入し,2005年3月までにすべての関連企業への展開を完了する予定である。