PR

 旅行代理店のアールアンドシーツアーズは,取引先のホテルを予約するシステムを構築する。XMLデータでやり取りできることが特徴で,日本IBM製ミドルウエア「WebSphere Business Integration Server Express」を採用して開発コストを抑えた。旅行業界のシステムは外部との多数のデータ交換が不可欠。日本旅行業協会はデータ交換のXML仕様「Travel-XML」を策定しているものの,多くの企業は独自仕様でのデータ交換を要求しているのが実情である。同製品はアダプタ設定で各社の独自データ仕様に準拠できるため,独自開発と比べてコストを59%削減できる見込みという。