PR

 京大病院は,患者の個人情報保護を主な目的として,ネットワークを刷新した。ファイアウォール,侵入検知システム,ウイルス・ゲートウエイなどのセキュリティ装置の設置に加え,個々の端末機器,接続ユーザーに対する認証機構を導入した。また,ネットワーク上のあらゆるアクセスについて,時刻,アクセス元,アクセス先,アクセスの経路などを24時間365日監視する体制を整え,運用状態の分析と早急な問題発見・対応を可能にした。ネットワークの帯域幅も,これまでの約7倍に当たる毎秒1Gビット/秒を用意した。