PR

 これまで県庁の窓口に直接出向かないと申請できなかった各種申し込みをインターネット経由で可能にする「電子申請汎用受付システム」。富山県が2000年から取り組んでいる「電脳県庁」の成果の1つ。電脳県庁は上記のほかに,(1)各システムをXML文書データで連携する「データ交換システム」,(2)職員のシングル・サインオンなどを提供する「職員認証システム」,(3)決済業務をワークフロー化した「文書管理システム」,(4)庁内LAN――などから成る。庁内の個別システムについても電脳県庁に順次統合していく予定。