PR

 銀行で法人顧客の動向や収益構造などを把握し,マーケティング分析を行うための営業戦略支援システム。銀行全体やブロック・グループ,支店ごとに顧客構造を表示したり,年次・期中・月次・日次の単位で顧客動向を示したりすることで,営業予測に役立てることができる。

 システムは,鹿児島銀行とフューチャーシステムコンサルティングが共同で開発した。システム基盤はPCサーバーで統一。OSにはWindows 2000,RDBMSにはOracle 9i Databaseを採用した。ユーザー・インタフェースには,一部Flashを利用した。2002年に稼働した融資支援システム「KeyMan」に蓄積されている取引情報を基にサマリーなどを作り出し,分析を行う。KeyManからは,Oracle Databaseのサマリー・データを管理するマテリアライズド・ビュー機能を用いてデータを連携させる。また,KeyManだけでは不足する一部のデータは,勘定系ホストなどからファイル転送ソフト「HULFT」を用いて転送している。