PR

 大手ISP(インターネット接続事業者)のぷららネットワークスは11月、個人会員向けのWebサイト作成サービスで利用するサーバーを、日本IBMの UNIXサーバー「IBM System p5 モデル550Q」を用いて2台に統合した。これにより、年間の運用コストを45%削減する見込みである。

 2台のサーバーは、それぞれ五つ以上の論理区画に分けて運用する。論理区画間でサーバーのCPU資源を自動的に再配置することで、アクセス急増に対応しやすくした。従来は約30台のIAサーバーで運用していた。