PR

 すかいらーくは11月に開設した沖縄県のコールセンターで、新たな受注管理システムを稼働させた。同システムでは全国の顧客からの電話注文を受け付け、調理と配送を担当する各店舗に指示を出す。配送状況の監視と顧客対応なども担う。

 新センターの受注管理システムには、リッチクライアントを導入している。コールセンターの拡張や新設に伴う作業の効率化と、ITインフラの運用管理コストの抑制が目的である。リッチクライアントを使うと、Webシステムでもクライアント/サーバー・システムに近い操作性を実現することができる。リッチクライアントには、アクシスソフトの開発・実行環境である「Biz/Browser」を使った。

 すかいらーくは現在、レストランの店舗展開と並行して、料理の宅配サービスに注力している。これと同時に注文を受け付けるコールセンターの整理を進めており、従来5カ所あったコールセンターを3カ所に統合したのに加え、沖縄県に新たなセンターを開設した。