PR

 東京証券取引所は7月25日、株式・CB(転換社債型新株予約権付社債券)売買システムと報道システムについて、今年11月6日にシステム増強を実施すると発表した。これは年内に増強を予定していた両システムについて、その増強予定日を明らかにしたもの。今回の増強に対する投資金額は約18億円という。

 システムの増強により、株式・CB売買システムが1日当たりに処理できる注文件数は、1200万件から1400万件に増える。一方の相場報道システムについては、各売買システムからの1分あたりのデータ受信可能件数制限値(流量制限値)が、2万件から3万件に上がる。