PR

 朝日生命保険は2006年1月、顧客情報管理の強化とサービス向上を目的として、au(KDDI)の携帯電話を活用した「お客様情報管理システム」を導入する。携帯電話にダウンロードした顧客情報などを遠隔操作で消去できる点が特徴。東京都民銀行が2005年7月に導入したシステムとほぼ同じ仕組みで、生保業界での採用は初。

 利用するのは顧客への定期訪問を職務とする「サービスメイト」約830人。携帯電話に顧客の住所や契約内容、過去の訪問履歴などをダウンロードし、訪問活動に役立てる。