PR

 三井住友銀行は、コンビニエンス・ストア内に設置したATM(現金自動預け払い機)に生体認証機能を導入する。対象は、提携するエーエム・ピーエム・ジャパンに設置している「@BΛNK」のATM(約1100台)。3月27日から稼働させる。

 生体認証を使えるのは、2005年12月に発行を開始した同行の「生体認証ICキャッシュカード」の利用者。ATMにキャッシュカードを挿入後、暗証番号を入力する。そのうえで生体認証用の読み取り装置に指をかざし、指の内部にある静脈のパターン画像を読み取る。ATMはこれを基にカード内に登録してあるデータと照合する。認証機構は日立製作所と日立オムロンターミナルソリューションズが納入。コンビニエンス・ストア内のATMに設置するため、認証装置を小型化したという。

 三井住友銀行は、併せて@BΛNKの機能を拡充した。NTTドコモの「おサイフケータイ」を使った三井住友カードの決済サービス「三井住友カードiD」も利用できるようにする。具体的には、同サービスに対応した携帯電話機を利用して、現金の借り入れが可能となる。