PR

 ビザ・インターナショナル系の決済ネットワーク会社であるジー・ピー・ネット(GPネット)は、6月下旬からユーシーカード(UCカード)の加盟店で、ADSLによる店舗端末の接続実験を始めた。NTTコミュニケーションズ(NTTコム)が回線を設置し管理する。

 実験では、GPネットが新たに開発したIP対応のクレジットカード取引処理用端末と回線選択装置、ADSLモデムを店舗に設置する。

 ADSL回線やバックボーンのIP網が利用できない場合は、アナログ電話回線に自動で切り替える。通信路はNTTコムのネットワークで完結しているうえ、パケットを暗号化している。別経路でインターネットにも接続できる。

 サービスの導入メリットは二つある。一つは通信料金だ。現在、多くの加盟店はISDNやアナログ電話回線で接続しており、1回の決済ごとに通話料金がかかる。ADSLであれば、これを定額にできる。二つ目は決済時間の短縮である。従来は20秒程度かかっていたものを、10秒以内に縮めるという。

 GPネットは現在業界3位。安価で定額のADSL接続をサービスに加えることで、加盟店シェアの拡大を狙う。すでに業界1位で「INOFOX」を運用するNTTデータはADSLに対応済み。昨夏投入したLAN対応端末は、ADSLなどのインターネット回線につなぐと、暗号化を施した通信が可能だ。

 GPネットの実験はUCカードの加盟店のうち10店舗程度で開始。期間は9月30日までで、その後に本格運用する。実用化の際にはNTTコムが回線サービス提供の主体となり、今回の実験を基にしたサービスを月額8000円程度で提供したい考え。ここには、回線や各通信機器、カード決済端末などすべての料金が含まれる。