PR

 大手消費者金融のアコムは7月28日、日本IBMと合計約130億円のビジネス・プロセス・アウトソーシング契約を結んだと発表した。対象となる業務はローンやクレジット・カード事業などの契約書類の管理で、契約期間は2006年8月から10年間。契約内容は1年ごとに見直す。日本IBMが社内で契約書類を管理しているシステムを使って、紙の書類を電子化する。法令などで紙による管理を義務付けられていない文書は廃棄する。現状約1億1300万枚の契約書類を保有しており、10年後に1億8000万枚まで増える見通しだという。「まずは約3400枚万の書類を電子化し、そのうち約1400万枚を廃棄する。契約書類の管理のコストをおよそ15%圧縮できると見ている」(提橋輝幸事務管理部長)と、管理コストの増大に先手を打った格好だ。

 今回の契約に伴って、アコムは連結子会社であるエイビーパートナー(ABP)の発行済み株式の5%を、日本IBMに譲渡した。実際の業務は、日本IBM子会社の日本アイビーエム・ビジネスサービス(IJBS)が主に手がける。ABPから300人、日本IBMから10~20人がIJBSに出向する。