PR

 近畿日本ツーリストは7月28日、100%出資の情報システム子会社である近畿日本ツーリスト情報システムを売却することで、NTTデータと基本合意に達したと発表した。近畿日本ツーリスト情報システムの発行済み株式の51%を、NTTデータに譲り渡す。90人の社員は原則として新会社に移行する。買収金額は公開していない。

 近畿日本ツーリスト情報システムは売上高28億8500万円(2005年9月期)、従業員数100人の企業。現在は近畿日本ツーリスト向けのシステム構築事業がほとんどだが、売却後の新会社は外販も手がける。新会社の仮称はエヌ・ティ・ティ・データ・テラノス。資本金1億円で今年10月に発足予定だ。 NTTデータから取締役3人と監査役1人、近畿日本ツーリストから取締役2人を送る。

 近畿日本ツーリストは「新会社がNTTデータのプロジェクト・マネジメント力、先端技術、人材育成ノウハウなどを活用することによって、当社へ最適なシステムを提案するのを期待している」(広報)。同社は今、業務システムの刷新を検討している最中だ。