PR

 りそな銀行は、3月30日に開業した「東京ミッドタウン支店」で、生体認証ICキャッシュカードを鍵として利用できる、小型全自動貸金庫を提供する。りそな銀行のATM(現金自動預け払い機)で利用できる生体認証ICキャッシュカードを、そのまま使えるようにする。

 生体認証には指の静脈を用いる。この貸金庫は、りそな銀行が企画・発案し、イトーキの小型全自動貸金庫をベースに、NTTデータがシステムを構築する、3社の共同開発で実現した。