PR

 三菱UFJ信託銀行は、セールスフォース・ドットコムが提供するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)の「Salesforce」の採用を決めた。不動産売買などの案件を管理するシステムに採用し、不動産部門と全国の営業所の約600ユーザーが2007年9月から利用を始める予定である。Salesforceの採用によって、情報管理の一元化やセキュリティの強化を実現する。

 セールスフォースのパートナーである日立ソフトウェアエンジニアリングが、導入コンサルティングや基幹系システムとの接続に必要なシステム・インテグレーションを手掛ける。三菱UFJ信託銀行は、アクセス制御の細かさや導入までの期間、コストなどを考慮してSalesforceを選んだという。