三井住友海上火災保険は10月24日,保険代理店の担当者が利用する契約手続きシステムを刷新する。特徴は,保険契約の申し込みや契約内容の確認をすべてシステムの画面でできるようにしたこと。従来のシステムでは,保険契約の申込書や契約内容の確認シートといった帳票を使っていたが,新システムではペーパーレスになる。

 ペーパーレスを実現するために,電子サインを採用している。電子サインとは,タブレットに署名したサインを電子的に保存するもので,ペンによる署名や捺印と同じものとみなす。契約者のサインのデータは,代理店のPC端末を通じて,システムに送信され,保管される。

 同社では,主に個人向け自動車保険の手続きでこのシステムを利用していく。当面は紙による契約内容の確認シートも併用するが,新システムの稼働により,従来に比べて紙の利用を半分に減らすことを見込む。