PR

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは2009年11月,販売情報の分析をインメモリーDBで高速化したシステムを稼働させた。従来はRDBMSで2~3日かかっていた処理が新システムでは約5分で終えられるようになった。

 分析対象は,全国1500カ所あるケンタッキーフライドチキン店舗の販売情報。1日1億件の明細情報を夜間バッチでRDBMSからインメモリーDBに移して高速処理する。これにより,クーポンなどのキャンペーンを実施した効果を翌日には分析,確認できる。

 採用したインメモリーDBは富士通ビー・エス・シーの「Oh-Pa 1/3 Data Server」。ターボデータラボラトリーのLFM(Linear Filtering Method)技術を採用し,集計・分析処理を大幅に高速化する。システム構築は富士通システムソリューションズと富士通ビー・エス・シーが支援した。