PR

 オフィス用品通販大手のアスクルは,直営ショッピング・サイトの「アスクル・インターネットショップ」において,顧客の行動履歴を分析し,購買意欲の喚起を促すレコメンド・メールを自動配信するシステムの運用を2009年12月に開始した。

 サイト内での商品閲覧や購入といった顧客の行動に基づいて推奨商品を割り出し,その商品についての案内をメール・マガジンに自動的に差し込む。商品の購入者と閲覧しただけでサイトから離れた顧客とでは異なる内容のメールを配信できる。

 新システムは,ブレインパッドの行動ターゲティング・レコメンデーションシステム「Rtoaster」とダブルクリックのメール・マーケティングASPサービス「ClickM@iler.jp」を連携動作させることにより実現した。