PR

 グループ11社が共同利用する会計・人事給与管理システムを導入した。居酒屋など全国約600店舗を展開するヴィア・ホールディングスは、M&Aにより傘下に入った会社が多く、それまでは各社が別々のシステムを運用していた。このため各社が運用するシステムからデータを出力して表計算ソフトで加工したあと、持ち株会社のシステムに入力するといった手間が発生していた。

 新システムの導入により、そうした煩雑な作業が不要になって会計情報の収集が迅速になり、内部統制の強化と月次決算の早期化を図れるようになる。また、各社がバラバラに運用していたシステムを一本化できるため、運用管理費を削減でき、法改正などに伴うシステム改修が容易になる。

 システムは、住商情報システムが同社のERPパッケージ「ProActive E2」を使 って構築し、同社のデータセンターで稼働させた。