PR

 サイバーエージェントは2012年4月、スマートフォンで展開する新事業のアイデアを社員から募る「モックプランコンテスト」を開催する。提案者はアプリなどの画面を実際に作成して応募し、上位に入賞したプランを事業化する。クリエーターやエンジニアを中心に、2012年2月末時点で160人が参加を表明している。優勝賞金は200万円を予定する。

ポスターでモックプランコンテストの社内告知を進める。藤田社長の似顔絵を入れて、力を入れるプロジェクトであることをアピールする
ポスターでモックプランコンテストの社内告知を進める
藤田社長の似顔絵を入れて、力を入れるプロジェクトであることをアピールする
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2003年から「ジギョつく」と呼ぶ新規事業コンテストを毎年開催し、2012年度は800提案を集めるほど社内に浸透している。ただし文章による提案が多いため、優秀プランを選んでも実際のサービスなどに落とし込むのに時間がかかるケースがあった。「社員の新規事業創出意欲が高まる効果はあったが、スピーディーに数多くの事業を創出するうえでは課題があった」と曽山哲人取締役人事本部長は話す。

 これに対してモックプランコンテストは、スマホアプリのトップ画面や画面推移などを作り込んだうえで応募する。メーカーが新商品開発でモックアップを作るのに近いイメージだ。事業の具体的なイメージが分かりやすくなるのに加え、途中まで工程を進めておくことで事業化までの期間を短縮する効果が期待できる。

 またプレゼン資料に終わらない、ものづくりの過程が入ることで、「クリエーターやエンジニアなど、開発に携わる現場のモチベーションを上げることも狙う」と曽山取締役は話す。作り込みが必要になるので、賞金はジギョつくの2倍に設定した。藤田晋社長が自ら勉強会を開き、社内広報に力を入れた結果、既に160人が応募を表明している。