PR

 RAID構築時のディスクの組み合わせ方。提供する機能によってRAID 0/1/5などの方式がある。

 RAID 0は読み書きするデータを一定の大きさに分割(ストライピング)し,複数のディスクに均等に記録する方式。高速化が期待できるが冗長性はない。RAID 1はすべてのデータを2重化(ミラーリング)することで冗長性が実現できる。RAID 5は,RAID 0と同様にデータを分割して記録するとともに,「パリティ」と呼ぶデータの復元情報を記録することで,高速化と冗長性を併せ持つ。RAID 0+1は,ミラーリングとストライプ・セットを組み合わせたRAIDレベルを示す。