PR

 Windows 2000で新たに採用したファイル保護機能。システムの安定性の向上が期待できる。

 アプリケーション・ソフトのインストール時などに,システムが使用するDLL(ダイナミック・リンク・ライブラリ)ファイルや実行ファイル(.exeファイル)の上書きを防止する。従来は,ソフトのインストール時などにシステム・ファイルを上書きしてしまうことで,プログラムが正しく動作しなくなる障害が発生することがあった。同様に,保護されているシステム・ファイルの移動・削除を防止する役割も果たす。Windows Millennium Editionも同様な機能を搭載しているが,こちらはSystem File Protectionと呼ばれる。