PR

 第三者が公開しているWebのコンテンツやアプリケーションを、Webサイトに組み込むこと。以前は「コンテンツ・シンジケーション」も呼ぶことも多かった。

 当初は一般消費者向けのWebサイトで使われることが多かったが、最近では企業情報システムで利用されることも増えてきた。特に企業向けに利用する場合について、「エンタープライズ・マッシュアップ」と表現することもある。

 マッシュアップを実現するためには、WebサービスAPI(Application Programing Interface)を利用する。WebサービスAPIは、主にPHPやPerl、Javaといった言語のプログラムを対象としたものが多い。米国ではマッシュアップ用APIの標準化が進みつつある。

 公開されるWebサービスAPIが増えるなか、マッシュアップしたシステムの数もどんどん増えてきた。グーグルの提供する地図情報のWebサービスAPIであるGoogleマップを、自身のシステムに組み込んで利用しているケースが典型的なものだ。