PR
図 ボットネット対策プロジェクトではプロバイダが感染の事実を通知された感染ユーザーが「サイバークリーンセンター」から駆除ツールをダウンロードできる
図 ボットネット対策プロジェクトではプロバイダが感染の事実を通知された感染ユーザーが「サイバークリーンセンター」から駆除ツールをダウンロードできる
[画像のクリックで拡大表示]

 「サイバークリーンセンター」とは,2006年12月にオープンしたボットネット対策用のWebサイトである。総務省と経済産業省が共同で実施する「ボットネット対策プロジェクト」を構成する一つで,感染したユーザーがボットを駆除することを手助けする。

 ボットネット対策プロジェクトは,国内のプロバイダやベンダーが連携して,ボット感染パソコンを減らそうというもの。感染ユーザーに直接連絡して,駆除を促すのが目的だ(図)。

 まずインターネットにボットのプログラム(検体)を捉えるサーバーを設置して,ボットの検体を集める(1)。集めた検体は解析チームが解析し(2),さらに攻撃元(感染元)マシンのIPアドレスをプロバイダに伝える(3)。報告を受けたプロバイダは,感染ユーザーに感染していることをメールなどで知らせる(4)。感染ユーザーは,メールに書かれたサイバークリーンセンターのURLにアクセスし(5),駆除ツールをダウンロードしてボットを駆除する(6)。

 プロジェクトに参加しているプロバイダは,DION,Hi-ho,IIJ,@nifty,OCN,ODN,Yahoo BB!の8社。検体収集用サーバーの運用はNTTコミュニケーションズが,検体解析と駆除ツールの作成はトレンドマイクロが担当している。感染通知メールに記載される駆除ページのURLは,ユーザーごとに固有のURLが記載される。駆除ページでは,ボットが駆除できたかどうかを報告するようになっており,プロバイダは,どのユーザーが駆除までこぎつけたかがわかるようになっている。

 2006年12月中旬に,トライアルとして各プロバイダが自社のユーザー約100人に感染通知メールを送った。OCNを運営するNTTコミュニケーションズでは,「100人のうち駆除を確認できたのは30人ほどだった」という。2007年2月から本格運用を開始し,週1回のペースで感染ユーザーにメールを送る予定である。サイバークリーンセンターから連絡が来たら,すぐに自分のパソコンを確認するのがいいだろう。