PR

 リーダー/ライターが発する電波の発信源からの角度によって生じる電波の強弱のこと。リーダー/ライターのアンテナの形状や、発する電波の周波数帯で変化する。

 一般的にリーダー/ライターが無線ICタグを読み取れる(ICタグが電波を受け取って、通信可能な電力を得られる)位置はラグビーボール状に分布するが、指向性の違いによってこのラグビーボールの太さが変化する。2.45GHz帯の電波は指向性が強いため、この周波数帯を使うICタグは、広い範囲の読み取りには向かない。一方、13.56MHz帯の電波は指向性が比較的弱いので、広い範囲(広角)の読み取りに向く。

 ただし、13.56MHz帯ICタグは読み取り距離が最大で70cm程度と短い。UHF帯なら読み取り範囲も広く、読み取り距離も長い。

関連キーワード●無線ICタグ、リーダー/ライター




本記事は2005年12月26日発行のムック「無線ICタグ活用のすべて」(詳細はこちら!)の記事を基に再編集したものです。